おそ松くんにはまってしまった…

多々話題になっている「おそ松さん」。偉大なる赤塚医者のコミックおそ松【様】を【さん】に変えて漫画になったと。
なにがそんなにおもしろいのか?傍(追っかけ)にも「やはり見て」と関心とキャパシティを兼ね備えた声優さん陣についてまで温かく語られ、甚だしくおススメされ続けているのでやっと動画借りて見ました。そこは更に…底なし沼でした。
昭和の頃にはイヤミやチビ太を引っ掻き回していたあの6つ子が、大人になって揃って無職で新品(公表を柔らかくしております)。こういう下ごしらえだけでも万全可笑しいのに、作品は筋道劇というか、ユーモアやコントというか、特に絶えず含み笑いっぱなし。オーディエンスを笑わせにきてるわけではなく、6つ子がわちゃわちゃしているだけでコントになっているのが、ユーモアよりも見やすいかもしれないと思いました。
そうして、こんなおかしい6つ子が一段とリアルに生々しく、学生時代にそんな子いたなと思わせる言い回しで表現している声優さんの素晴らしいこと!
正直未だに6つ子の見分けはついていませんが、間もなく申し立て数を重ねて見分けついたらますます楽しくなるのかな。続き借りるのが楽しみで仕方ありません!http://xn--eckrt0pna2d5898ab7bou5e.com/